前立腺肥大

セサミンとごま油の違い

セサミンはサプリメントなどに配合されている成分で、多くの人が健康やアンチエイジングのために取り入れています。
セサミンが最も多く含まれている食材として知られているのが、ゴマです。
昔からゴマには豊富な栄養素が含まれていることで、重宝されてきました。
その一つに、ゴマの中に1%未満しかいないといわれているのがセサミンです。
ごく少量しか摂取できない事から希少価値が高い成分とされています。

セサミンには強い抗酸化作用があることが一番の効果といえます。
抗酸化作用は、体の老化現象である細胞の酸化を防ぐ働きがあります。
そのため細胞が常に健康で若々しく保つことができます。
これによってアンチエイジング効果だけでなく、コレステロール値の低下にも効果があります。
中でも肝臓に特に効果があり、肝臓の機能の向上、二日酔いの防止などの効果があります。

セサミンが含まれている食材としてゴマ油がありますが、セサミンの効果の違いがあるのでしょうか。
ゴマ油にもごく少量ですが、セサミンは含まれています。
ゴマ油にはセサモールという成分が含まれているのが特徴です。
このセサモールは抗酸化作用があることが分かっています。
しかしセサミンの抗酸化作用よりも劣ってしまいます。

またゴマ油の場合は、高カロリーの脂質も一緒に摂取しなくてはいけません。
なので余分な脂質を摂取してしまうことになります。

このページの先頭へ