セサミンとビタミンEの抗酸化作用の詳細
前立腺肥大

セサミンとビタミンEの抗酸化作用の詳細

今サプリメントで有効成分を簡単に摂取できるようになっています。
そこで、多くの有効成分が組み合わさって、相乗効果が得られるサプリメントが増えています。
その一つにセサミンとビタミンEがあります。

セサミンとビタミンEの共通点といえば、強い抗酸化作用があるということです。
抗酸化作用とは体内に活性酸素が発生し、その周りの細胞を酸化させてしまう事です。
酸化してしまった細胞は正常に働かなくなり、肌の細胞が酸化してしまうと、シミやしわといった老化現象につながります。
さらには、酸化してしまった細胞ががんを発症する可能性もあります。

このような病気の予防やアンチエイジングの効果に効果的な抗酸化作用が、セサミンとビタミンEで摂取することができます。
さらにそれぞれ抗酸化作用が異なるのも特徴の一つです。

まずセサミンの抗酸化作用は、肝臓で最も効果的に働くことが分かっています。
肝臓はアルコールなどを分解する際など多くの活性酸素を生み出してしまう場所です。
そこで大きな威力を発揮することで 、肝機能の向上に効果が期待できます。

そしてもう一つのビタミンEは、細胞膜や血管で発生する活性酸素に効果が期待できます。
特に血管では、コレステロールが蓄積することで血管が酸化してしまい、動脈硬化を起こしてしまいます。
それぞれ違う場所でセサミンの抗酸化作用が働くので、細胞の活性化に効果があります。



このページの先頭へ